ボタンが埋没した時の修理

ボタンが埋没した時の修理

ボタンが埋没した時の修理 スマホを長く使っていると電源や音量ボタンなどが壊れてくることも珍しくありません。
例えばiPhoneだとホームボタンが壊れることも珍しくなく、これも機種によって違います。
古い機種だと実際にかちりと押し込むタイプですが、新機種だと感圧式になってます。
どちらでも摩耗や埃の侵入・経年劣化・突然の不具合で動かなくなることもあります。
壊れてしまったときのスマホ修理だと、非正規店の部品交換・正規店での本体交換などがあります。
中でも非正規店のスマホ修理はパーツだけ新品と交換するだけで、データもそのままで機種にもよりますが即日での交換修理も行えます。
また、価格も安価なのが特徴です。
注意点として交換すると指紋認証が使えなくなったり、新機種の感圧式だと日数がかかります。
特に指紋認証が使えないのは困るときは、画面自体を交換すれば使えるようになることもあります。
これは画面側のコネクタの不具合があると指紋認証が使えなくなることもあって、画面交換なら即日でも可能です。
ちなみに価格ですが、これも機種でかなり差があり、安価だと4,000円ぐらいで最新のものだと10,000万円ぐらいはします。

スマホ修理の価格は何によって変わってくるのか

スマホ修理の価格は何によって変わってくるのか まずスマホ修理の価格は、スマホの破損状況、保証サービスの有無、スマホの機種などによって変わってきます。
一般的に古い機種の修理の方が最新機種よりも遥かに少ない金額で修理できます。
また、保証サービスに入っているかいないかでは大きな差が生まれます。
例えば、スマホ修理の中でもかなり案件の多い液晶画面のひび割れの場合、利用者の多いAppleでは最新機種の場合保証サービスに入っていない方は入っている方の約9倍もの料金を払わなくてはなりません。
たとえ古い機種だったとしても料金の差は約4倍にもなります。
これはAppleを例にあげたものですが、他社製品のスマホも保証サービスの有無はスマホ修理において大きな金額差を生みます。
時には修理するよりも新しいスマホに買い換えた方が安くなる時もあります。
スマホ修理は正規店と非正規店とでは値段がかなり違ってくるので、安全を重視するのであれば正規店を、価格を重視するのであれば非正規店をおすすめします。

新着情報

◎2020/7/27

ボタンが埋没した時の修理
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

スマホ修理の価格|反応が悪い時
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「スマホ ボタン」
に関連するツイート
Twitter